飛行機で授乳のタイミングはいつがおすすめ!?服装や授乳ケープならコレ

赤ちゃんと初めての飛行機

子どもが生まれる前は、何回か乗ったことのある飛行機ですが。

子どもが生まれてから一緒に飛行機に乗るのは、初めて。

しかも子どもはまだ、授乳が必要な赤ちゃんだったりします。

初めてのことだし、乗ったら降りられないし・・・心配なことがたくさん!

離着陸中って、授乳はOK?

今まで乗った時は気が付かなかったけど。。。機内に授乳室ってあるの?

ミルクにした場合、準備はどうしたらいい?

授乳にピッタリのタイミングってあるの??

などなど。

今回は飛行機内での赤ちゃんの授乳について、お話をさせていただきますね。

飛行機での授乳のタイミング。ちょうどいいタイミングはいつ!?

飛行機で授乳する時、ちょうどいいタイミングってあるのかな?

赤ちゃんが欲しがる時で、大丈夫?

そんな疑問も浮かんできますよね。

飛行機の離着陸時、大人でも耳が痛くなること、ありませんか?

そしてそれは赤ちゃんも一緒で、気圧の変化で耳が痛くなってしまうことがあるのです。

大人は自分で対策もできますが、赤ちゃんは自分で「耳抜き」ができないので。。。

離着陸時に授乳をしてあげると、自然に耳抜きができて、効果的!なのです。

耳が痛くなるのは、大人でも辛いですもんね。

なので授乳のタイミングは、離着陸時がオススメなのですが。。。

注意点があります。

搭乗してからすぐに授乳を始めてしまうと、離陸する時には授乳が終わってしまう可能性があるのです!

その時の混雑具合にもよりますが、飛行機が動き始めてから滑走路にたどり着くまでに、かなり時間がかかることも。。。

離陸前に授乳が終わっちゃった!という事態を防ぐためにも。

飛行機が離陸をするために走り始めた頃、授乳を始めるのがベスト!です。

また着陸時は、着陸予定の30分前位から高度を下げ始めていきます。

着陸する大体の時間を確認しておくと、着陸時にタイミングよく授乳ができます。

そしてミルクの場合ですが。。。

飛行機は、液体の持ち込みに制限があるのですが。

赤ちゃん用のジュースやミルクのお湯などは対象外となり、持ち込むことができます。

お湯は機内でもらうことも出来るし、ミルクを作ってもらうこともできます。

粉ミルクの場合は、ミルクと哺乳瓶を忘れずに。

母乳の場合は、授乳用のケープの持参を忘れずに!

もしもケープを忘れてしまったら、機内で毛布を借りるのもいいかも!?




そして空港には授乳室があることが多いのですが。

飛行機内には授乳室は、ないのです・・・。

なので授乳出来る場所は「自分の座席」となります。

母乳の方はスムーズに授乳をおこなうためにも、服装選びに気を付けてくださいね。

座席に余裕があるときは、隣が空いている席に移動をさせてもらえる場合もありますが。

それはあくまでご厚意であって絶対ではないので、準備や周りへの気遣いはやはり必須!ですよね。

<準備万端でママの負担も軽減>

機内に入ってから慌てることのないよう、事前準備は重要ですよね!

ミルクを機内で作るのが心配な人は、空港の授乳室で準備をしてから持ち込むのもいいですよね。

あとは、赤ちゃんのお昼寝時間をフライト中に合わせられるように調整すると、ママの負担も軽減!?

フライト前に昼寝をせず、授乳後に寝てくれたら。。。助かりますよね。

赤ちゃんが相手なので、なかなか思うとおりにいかないことも多いですが。

準備万端で少しでも負担を軽減して、楽しいフライトにしたいですよね。


授乳ケープの人気ランキングはこちら
↓↓↓↓↓
CHECK!>>>授乳ケープ人気ランキングTOP30 [楽天]

こちらは沢山の模様が選べる授乳ケープ!↓

  
ちょっとおしゃれに、街中でも使いたいときやシンプルなデザインが好みの方はこちらがいいかも!↓

  
ベビーカーにつけたり、おんぶやだっこや横抱きなどいろんな使い方が出来る授乳ケープをお探しならこちら↓


   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする